FX[ローソク足チャート]の基本

ローソク足チャートとは

ローソク足チャートは、FXのみならず株や商品先物等、投資商品全般で広く使われているチャート。

上昇トレンドなのか下降トレンドなのかを把握したり、様々なシーンでチャート分析にはもちろんのこと、値幅や市場の変化を見極めるのに役立つ。

特にレンジ相場の往復で瞬間の利益を取りに行くシンプルなスキャルピングトレードなどでは、ローソク足チャートの見極めが重要になる。

しかし、何も知らない初心者にとっては、様々な長さの細長い長方形が並んだだけの図にしか見えないだろう。

なので今回は、初心者向けにローソク足チャートの見方、考え方を解説していく。

テクニカル分析の基本の解説はこちら

ローソク足の集合体であるチャートを見て相場を分析

ローソク足の集合体であるローソク足チャートは、ローソク足の並びや組み合わせ、全体的な形などからこれまでの動きを読み取ったり、今後の相場の動きを予測しやすいことから、多くのトレーダーに使われている。

例えば、陰線のローソク足が多く並び、下落が続いているチャートがあるとする。そんな時、上下に長いひげのついた胴の短いローソク足(おもちゃの独楽に似ていることから、“コマ”と呼ばれる形)が形成されると、トレーダーはどのような判断をするだろうか?

実はこのローソク足の並びは「明けの明星」と呼ばれ、底値を示す相場転換シグナルとして知られている。

つまり、ここで下降相場が終わり、上昇相場へとトレンド転換する可能性が高いことが読み取れる。

なお、陽線が多く並んで上昇が続く中、高値圏でコマが窓を開けた状態で出ると、「宵の明星」と呼ばれるシグナル。宵の明星は、下降トレンドへの転換を示すシグナルとして知られている。

ローソク足チャートからトレンドを知る

ローソク足チャートから、トレンドを知ることができる。それだけでなく、ローソク足の形からも、その時どんな動きがあったのかが読み取れる。

例えば、ヒゲのない陽線は、上昇の力が非常に強かったことを表している。しかし、この陽線の形が少し変わるとどうだろう。

例えば、短めの陽線に長い下ヒゲがついている場合、強い下押しの力があったことが分かる。

しかしこの場合、強い下押しの力をはねのけて、上昇の勢いが上回ったことを表している。

また、同じく短めの陽線に長い上ヒゲがついている場合はどうだろう。

確かに値上がりはしているが、下押しの力が強いために、本来の上昇が押し戻されてしまう。

このように、ローソク足の並びから、相場の強弱や、どのような動きをしているのかを理解することができるのだ。

上昇を示すローソク足チャート

上昇を示すローソク足チャートには、基本的に陽線が多く並んでいる。ただ、すでに書いたとおり、陽線であっても上ひげの長い陽線や、短い陽線が多く並んでいる場合は、トレンド転換が近いことを表している。

上昇を示すローソク足チャートには、下値と上値が切りあがっていくパターンが多くみられる。

ローソク足の並びは陽線が多いものの、途中で陰線を挟むパターンもよくあり、仮に途中で陰線が出たとしても、その陰線の上値と下値が、その前のローソク足の上値と下値よりも高い位置にあることも珍しくない。

また、下落してもすぐに値を戻し、再び下値と上値を切り上げながら再び上昇していくケースもよくある。

下降を示すローソク足チャート

下降を示すローソク足チャートには、基本的に陰線が多く見られる。ただし、陰線であっても、下ヒゲの長い陰線の場合、下落した後、上に押し戻されたことを表しているため、上昇圧力が強いことが分かる。

そのため、下ヒゲの長い陰線が並んでいたり、短い陰線が並んでいる場合は、トレンド転換が近いことを示している。

下降を示すローソク足チャートの場合、下値と上値が切り下がっていく傾向にある。ローソク足の並びは陰線が多いですが、途中で陽線を挟むこともよくある。

保ち合いを示すローソク足チャート

上昇、下降のどちらでもない、方向性が定まらない横ばいの状態を「保ち合い」と言う。

しかし、横ばいがずっと続くことはなく、いずれ上昇か下降に転じる。そのため、保ち合いの場合、この状態を抜け出した時に、どちらに相場が動くか確認することが肝になる。

保ち合いを示すローソク足チャートにはいくつかパターンがある。

  1. 上値が切り下がり、下値はあまり変わらず同じくらいの水準を維持したまま下放れするパターン
  2. 上値と下値が切り下がりながらも、サポートラインを割り込むことなくそのまま上放れするパターン
  3. 下値が切りあがり、上値はあまり変わらず同じくらいの水準を維持したまま上放れするパターン
  4. 下値と上値が切りあがりながら、レジスタンスラインを超えることなくそのまま下放れするパターン
  5. 上値が切り下がり、下値が切り上がるパターン

この5つのパターンのうち、⑤の「上値が切り下がり、下値が切り上がるパターン」については、保ち合いを抜けた後、上にも下にも行く可能性があるため、注意が必要。